製造者・販売者
有限会社 丸幸青果
青森県弘前市門外4-8-1
TEL 0172-28-1144

当店案内地図
ホーム>りんごのパワー

りんごのパワーってすごいんだよ。

りんごジュース、がんに効く?
「りんごの生ジュースには、がんを抑える効果がある」。弘前大学の城田安幸助教授がこんな研究成果を明らかにした。2002年秋の日本癌学会総会で発表する。研究は城田助教授が7年間続けてきた。マウスを10匹ずつ5群に分け、群ごとに違う飲み物を与え、45日後にがん細胞(マウスの繊維肉腫)を植え付けて経過を観察した。2%生ジュースの群は、がん細胞が小さくなったり消えたりして8匹が治り、水の群れは7匹、その他の群は4〜5匹が死亡し、平均の寿命は50〜40日だった。りんごから抽出したポリフェノールやべクチンの抗がん効果に関する報告はあるが、生ジュースは初めて。城田助教授は「マウスに与えた量は人間なら1日コップ1杯程度。取りやすい食品であることに意味がある」と話している。(2002年5月24日朝日新聞より)

動脈硬化の予防に
糖尿病患者に植物繊維を与えると、血糖や血中のコレステロールが低下します。
アップルファイバー(りんご繊維)の投与で血糖が減る一方、動脈硬化を予防する作用のあるHDL2コレステロールが増え、動脈硬化への抵抗力を示す抗動脈硬化指数が上昇します。また排泄回数も増えます。

りんごが高血圧によい証拠
米の生産地とりんごの生産地住む数万人の人々の血圧を測定したところ、りんごを毎日3個以上たべている人の血圧が低いことが明らかになりました。

亜鉛欠乏症(皮膚炎や抜け毛)に
体内の亜鉛が不足すると鼻の穴、口などの開口部の湿疹、抜け毛、ツメの変形、味覚障害、免疫不全になります。
100%果汁は、亜鉛の含量が多く、ジュースは消化吸収もよいようです。

整腸と解毒に
りんご果汁は異常に高まった腸の運動、極度に弱っている腸の運動を調整する作用があります。
りんごに含まれるペクチンは解毒効果が高く、下痢などの腸の調子が悪い時に効果があります。

胃腸病と貧血に
胃病の人にりんご果汁を与えると、胃カタル、胃炎などの酸の少ない人は酸が増し、胃液の分泌をすすめて消化が良くなります。
また、貧血では胃液の分泌が少なく、酸がなくなりますが、3倍位の濃いりんご果汁を与えると貧血は回復します。
りんご果汁は胃液の酸と赤血球を増す効果があります。

疲労回復におすすめ
「疲れたなー」と感じたらりんごジュースをどうぞ。
さわやかなおいしさがまず気分をほぐし、疲労時のアルカロージス(身体のアルカリ分が多い状況)をりんごの酸が中和し、自然に疲労を除きます。

赤ちゃんにもいいんです
赤ちゃんを人口栄養でお育ての場合に、約5%のりんご果汁を添加してください。消化力が強まり、体力増強、血色のよい元気な赤ちゃんになります。また、りんごは離乳食としてもとても優れています。栄養もよくおいしいので赤ちゃんは喜んで飲み、離乳がスムーズにできます。

お料理にひと味
ストレートでお飲みになってもおいしいジュースはカレー料理に利用すると味に深みが増し、かくし味としてご利用になれます。
その他、奥様のアイディアでいろいろにご利用になれますよ。

 ホーム|りんごのパワー|お問い合せ

Copyright (C) 2006 Marukou. All Rights Reserved.